刈田病院の公設民営化案再提出へ 指定管理導入、白石市長きょう表明

 宮城県白石市の公立刈田総合病院改革を巡り、運営する白石市外二町組合管理者の山田裕一市長が、指定管理者制度導入による公設民営化に向けた条例改正を7月にも組合議会に提案することが28日、関係者への取材で分かった。29日に開かれる正副管理者会議で表明する。

 厳しい資金繰りで9月にも現金資金が底を突く見通…

残り 473文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ