五輪観客見直し、福島県困惑 野球・ソフトボール迫る開催、詳細決まらず

 新型コロナウイルス感染拡大による東京五輪の観客数見直しの問題で、21日から野球・ソフトボール競技が開催される福島県の関係者の間で困惑が広がる。県などは、観客案内に携わるボランティアや警備員の配置などの詳細な計画を決められないままでいる。

 県内では福島市の県営あづま球場でソフトボールが21、22の両…

残り 480文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ