東北の木材、五輪選手村「ビレッジプラザ」の柱や梁に 内覧会で公開

公開された五輪選手村の「ビレッジプラザ」
ビレッジプラザの防災管理室の梁(はり)に活用された(上から)宮古市、登米市、秋田県、大館市、山形県、山形市の木材

 東京五輪・パラリンピック組織委員会が6月20日に開いた東京・晴海の選手村内覧会で、東日本大震災の被災地など全国63自治体から借り受けた木材を使った「ビレッジプラザ」の準備状況も公開された。

 選手村の玄関口となる施設で、東北からは青森、岩手、秋田、山形、福島各県と宮古市、登米市、大館市、山形市、山形県金山町が参加。スギ、アカマツ、ヒノキ、ヒバを提供し、メインエントランスや公式グッズショップなどの柱や梁(はり)、壁、床材となった。7月13日の開村へ向け、通信機材や机などの搬入が進んでいる。

 9月8日の閉村後は解体し、木材を自治体に返す。大会のレガシー(遺産)として、公園のベンチ、あずまやなどに再利用される。

岩手県の木材で建てられたプレスカンファレンスルーム=6月20日午前、東京・晴海の東京五輪・パラリンピックの選手村ビレッジプラザ
河北新報のメルマガ登録はこちら


企画特集

先頭に戻る