福島県、あづま球場周辺のイベント中止 五輪競技開催日

福島県営あづま球場

 福島県は28日、東京五輪の野球・ソフトボールの一部試合が開催される県営あづま球場(福島市)周辺で競技開催日に合わせて予定していた県主催のイベントを中止すると発表した。大会組織委員会のガイドラインで、直行直帰への協力を求められていることを受けた。

 ソフトボール競技が開催される7月21、22両日と野球競技がある28日、あづま総合運動公園で、いわき市の「じゃんがら念仏踊り」などの伝統芸能を発信するステージ、復興状況を伝えるブースの設置を予定していた。1日当たり約5000人の来場を見込んでいた。

 イベント会場には、代わりに暑さ対策として観客向けの休憩所を設置する。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら


企画特集

先頭に戻る