渋谷栄太郎(しぶや・えいたろう)―洋画家(大崎市)―美術家に活躍の場 提供

 昭和初期、仙台市内で河北美術展の前身となる大規模な展覧会が始まり、多くの美術家に活躍の場を提供した。旧長岡村(現大崎市)出身の洋画家渋谷栄太郎(1897~1988年)はプロデューサーとして東北画壇の発展に寄与した。

 大正期以降、仙台で数々の展覧会が開かれたが長続きはしなかった。渋谷は20歳で上京し…

残り 934文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ