有観客に反対9割 東京五輪・緊急アンケート(中間速報)

 宮城県などの東京五輪の競技会場に観客を入れることの是非について、河北新報社は9日夜からインターネットで緊急アンケートを実施した。10日夜までに4500を超す回答が寄せられ、反対が9割近くを占めた。

 午後11時現在の回答数は4518。「反対」が3933(87・1%)、「賛成」が532(11・8%)、「分からない」が52(1・2%)。

 反対理由(複数回答)は「新型コロナウイルス下で多くの観客が集まることに不安」「首都圏が無観客なら全国一律にすべきだ」「そもそも五輪を開催すべきでない」が多かった。賛成理由は「選手を応援したい」「復興支援に感謝の気持ちを伝えられる」など。

 調査は本紙読者の傾向をつかむために実施した。一般の世論調査とは異なる。11日午前10時までネットで回答を受け付けた。

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る