【更新】仙台市長、宮城の無観客を組織委に要請へ 知事にも「慎重な判断を」

郡和子氏

 郡和子仙台市長は13日の定例記者会見で、東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長に対し、宮城スタジアム(宮城県利府町)で21~31日に行われる男女サッカー競技の計10試合に関し、全て無観客試合とするよう13日夕に文書で要請すると表明した。

 郡市長は「開催地ではないが、多くの観客が仙台市内を経由して移動し、滞在することが容易に想像される。『直行直帰』を呼び掛けると言っても、あくまでお願いベースであり、大変心配している」と語った。

 最大1万人の観客を受け入れる方針を示した村井嘉浩宮城県知事には、既に複数回にわたり無観客を要望していることも明かした。「知事も難しい立場だと思うが、いま一度、慎重に判断してもらいたい」と求めた。

 市によると、要請は無観客のほか、組織委の対応改善も訴える。市内に滞在する大会関係者の人数、宿泊先、行動予定に関する情報提供がなく、外出制限の手法を問い合わせてもいまだに回答がないため、早期に対応するよう要望する。

 組織委は関係者のコンビニエンスストアでの買い出しを認める方針。市は「市民と接触する可能性があり、絶対にやめるべきだ」と強く反対し、別の手法に変更するよう求める。

 要請文書は郡市長名で、市の担当者がメールに添付して組織委に送り、電話で直接、趣旨を説明する。

 郡市長は記者会見で「有観客とする場合、観客には感染対策の徹底をどう周知するのか、組織委からは何も説明がない。それでは市民の懸念に応えられない」と苦言を呈した。

河北新報のメルマガ登録はこちら

秋季高校野球東北大会 勝ち上がり▶


企画特集

先頭に戻る