【動画】クマ悠々まき餌食い逃げ イノシシ用のエサをむしゃむしゃ

箱わなの中のまき餌に近づくクマ
まき餌の米ぬかを悠々と食べていたクマ

 仙台市太白区秋保町長袋地区の山林に12日、体長1メートル強のクマが現れた。姿を見せた場所は、近隣住民がグループを組み、8カ所に仕掛けたイノシシ捕獲用の箱わなの一つ。

 12日午後7時前、箱わなの手前の米ぬかを少しなめると、餌の量がより多い中へと、辺りを気にしながら少しずつ歩を進めていく。箱わなは、内部に渡したワイヤに触れると落とし戸が閉まる仕組みだが、慣れているのか巧みに回避。6分ほどで食べ終え、やぶの中に悠々と消えていった。

 近隣住民によると、箱わなでクマを捕ることは認められていないが、以前は引っ掛かることもあった。農業の男性(67)は「そっと入って食べ、逃げる知恵がついてきたのかもしれない」と推測する。

河北新報のメルマガ登録はこちら

秋季高校野球東北大会 勝ち上がり▶


企画特集

先頭に戻る