【更新】東京五輪、福島で競技スタート ソフト日本は白星発進

初戦を白星で飾り、喜ぶ日本の選手=21日午前10時35分ごろ、あづま球場(写真映像部・藤井かをり撮影)

 新型コロナウイルスの感染拡大で史上初の1年延期となった東京五輪は21日、福島市の県営あづま球場で23日の開会式に先立って競技が始まった。ソフトボールの日本が1次リーグでオーストラリアと対戦。8-1でコールド勝ちし、白星発進となった。

 東日本大震災で大きな被害を受けた福島が「復興五輪」開幕戦の舞台になった。試合は感染防止策として無観客で開催。2008年北京五輪以来13年ぶりの頂点を目指す日本は、エース上野由岐子投手(ビックカメラ高崎)が先発。1点を先制されたが、打線が3本塁打と爆発して快勝した。

 午後はサッカー女子1次リーグの初戦があり、宮城県利府町の宮城スタジアムでは観客を入れて中国-ブラジルなどが行われる。夜は日本代表「なでしこジャパン」が札幌市の札幌ドームでカナダと戦う。

 日本で57年ぶりとなる夏のスポーツの祭典は、世論の強い逆風の中で競技が始まった。大会組織委員会は徹底した水際対策や、選手へ原則毎日の新型コロナ検査を義務化。海外関係者らに対しても厳しい行動管理を求めているが、感染拡大への国民の不安は根強い。

河北新報のメルマガ登録はこちら

秋季高校野球東北大会 勝ち上がり▶


企画特集

先頭に戻る