台風接近の宮城、五輪競技は「予定通り実施」 組織委

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の高谷正哲スポークスパーソンは27日の記者会見で、台風8号の接近に関し、宮城、茨城両県の会場の競技は現時点で予定通り実施するとの見通しを示した。「観客にもお越しいただき、観覧いただく予定」と述べた。

 茨城県の「学校連携観戦プログラム」で観戦する子どもたちに対しては、レインコートの持参などを呼び掛けていると説明した。

 競技会場でマスクを外すなどの新型コロナウイルス対策ルールの違反が確認された場合、違反者が所属する各国・地域の国内オリンピック委員会などに対し、組織委から「厳しい注意喚起」を伝えていることも明らかにした。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら


企画特集

先頭に戻る