新型コロナ 福島で80人、感染拡大

福島県庁舎

 福島県は28日、10歳未満~80代の男女80人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。感染者の内訳は福島、郡山、いわきの3市が各23人で、クラスター(感染者集団)を中心に急拡大している。県内の感染者は計5499人。

 県内の1日当たりの公表数としては5月12日の95人に次いで過去2番目に多い。確保病床の使用率は48・6%で、ステージ4(爆発的感染拡大)の目安の50%に迫る。

 福島市内の居酒屋で25~27日に利用客と従業員計8人、いわき市の児童施設で25~27日に利用者と職員計7人の陽性が確認され、県はそれぞれクラスターと認定。月別のクラスター発生は19件で、4月と並んで最多となった。うち飲食店関係が15件を占める。

 県は28日、福島、いわき両市の酒類を提供する飲食店などに31日から8月22日まで、営業時間の短縮を要請すると決めた。午後8時~午前5時の営業自粛を求め、酒類提供は午前11時~午後7時に限る。対象は計約2800店舗で、売上高に応じ協力金を支給する。

 既に時短営業を要請している南相馬、郡山両市のうち、南相馬は感染者が減少したことから予定通り今月31日で終了する。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る