社内異動でフラガールに ハワイアンズ、笑顔輝く初舞台

 福島県いわき市の温泉施設スパリゾートハワイアンズで3日夜、4月に加わった新人フラガール6人が舞台デビューを果たした。華やかなステップと明るい笑顔で観客を魅了した。

 6人は同市出身の三井祐希さん(19)、富谷市出身の加藤華南さん(19)ら。先輩ダンサーと共にフラやタヒチアンダンスを披露。客席の家族や友人らが初舞台を見守った。

 地元出身の片寄綾乃さん(19)は昨年一般社員として入社し、社内異動でダンサーとなった。異動でダンサーが誕生するのは30年ぶり。「感謝の気持ちを踊りで伝えていきたい」と意気込みを語った。

 6人は4月に常磐興産(いわき市)が運営する常磐音楽舞踏学院に入り、レッスンを重ねてきた。

デビューを果たした新人フラガールたち

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る