店舗のシャッターにジブリ作品 石巻の高校生がキャラクター描く

 石巻市開成の市複合文化施設で開催中の展覧会「アニメージュとジブリ展」に合わせ、石巻地方の高校生が市中心部の建物にスタジオジブリ作品のキャラクターを描く活動に取り組んでいる。

 ジブリ展を盛り上げようと実行委員会に参画する街づくりまんぼうが企画。市桜坂高と石巻西高の美術部員が3カ所で計4点の作品を制作している。完成作品は12月まで展示する予定。

 7日は石巻市中央2丁目の星薬局本店で桜坂高の生徒4人が作業に当たった。アイトピア通りに面したシャッターに、夜の旧北上川河口を傘を持って飛ぶキャラクターを描いた。

 別の場所ではキャラクターが勢ぞろいした壁画を制作中。原画を考案した桜坂高美術部長の3年安藤実咲さんは「夢や希望など前向きなイメージを託した。自分たちの活動でジブリ展を盛り上げたい」と話した。

店舗のシャッターにキャラクターを描く生徒たち=石巻市中央2丁目

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る