温帯低気圧の影響、激しい雨の恐れ 東北、9日夜から荒天に

 台風9号から変わった温帯低気圧は10日、日本海側を北東に進み、東北地方を横断するとみられる。各地では非常に激しい雨が降る恐れがあり、気象庁は土砂災害や高潮・高波、低地の浸水、河川の増水・氾濫に厳重な警戒を呼び掛けている。

 東北は9日夜から10日にかけて荒天となる見込み。特に東北北部では10日朝から昼前にかけ、激しい雨が降るとみられる。局地的な落雷や暴風による交通障害をはじめ、建物や農作物の被害も予想される。

 9日午後4時ごろには、久慈市のJR八戸線陸中中野―侍浜間で、線路に土砂が流入しているのが見つかった。列車は大雨の影響で運転を見合わせていた。10日は終日運休する。

 9日午後6時~10日午後6時の24時間予想雨量は多いところで、岩手県の沿岸北部、山形県村山、置賜、庄内で150ミリ。青森県津軽、下北、三八上北で120ミリ、福島県の会津でも100ミリが見込まれる。宮城県では東部50ミリ、西部60ミリと予想され、山沿いを中心に雨が強まるとみられる。

 10日に予想される最大瞬間風速は、日本海側の海上で35~45メートル、太平洋側北部の海上で25~35メートル。陸上では日本海側、太平洋側北部でともに25~35メートル。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る