福島で230人感染、東北で過去最多 新型コロナ

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 福島県は12日、男女230人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。1日当たりの公表数として過去最多だった今月3日の114人から倍増した。宮城県で3月31日に公表した200人を超え、東北で過去最多となった。福島県内の感染者の累計は6940人。

 新規感染者の内訳は、いわき市98人、郡山市36人、会津若松市29人、本宮市27人、福島市7人など。複数の新規クラスター(感染者集団)が含まれるとみられ、県は12日午後に詳細を公表する。

 11日時点の確保病床の使用率は66・2%。同日にコロナ患者向け病床を101床増やしたため、10日の80・0%からは減少した。

 県は8~31日の期間で、いわき市を県内初のまん延防止等重点措置の対象地域に指定した。他の全58市町村の酒類を提供する飲食店などにも時短営業を要請し、全県民に不要不急の外出自粛を求めている。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る