前線停滞、まるで梅雨末期 宮城でも大雨に警戒

8月13日午後6時の天気図(気象庁ホームページより)

 太平洋とオホーツク海の高気圧に挟まれる形で日本付近に前線が延び、梅雨末期のような天気図になっている。線状降水帯による激しい雨が降り続いているとして、気象庁は13日午前、広島県に大雨の特別警報を出した。仙台管区気象台によると、前線は1週間程度停滞する見込みで、東北でも大雨に警戒が必要だ。

 13日午前9時の天気図によると、停滞前線が対馬海峡から日本列島の東にかけて列島を横断するように伸びている。

 仙台管区気象台によると、東北地方はオホーツク海高気圧の勢力範囲で、湿った冷たい空気が流れ込んで平年より気温が低くなっている。太平洋高気圧からは前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、一部で大雨となっている。

 前線の活動が活発な状態は14日にかけて続き、宮城県内でも断続的に雷を伴った激しい雨が降る可能性があるという。

 宮城県内の多いところで予想される雨量は、14日にかけて1時間に20ミリ。24時間では14日午後6時までに100ミリ、15日午後6時までに50~100ミリとなっている。

 仙台管区気象台天気相談所の担当者は「急に天候が変化する可能性もある。最新の気象情報を確認し、早めに避難の判断をしてほしい」と呼び掛ける。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
先頭に戻る