大雨「警戒レベル」に応じて早めの行動を 避難情報のポイント整理

豪雨・台風
豪雨・台風
豪雨・台風・竜巻
豪雨・台風
津波・豪雨・台風
豪雨・台風

 大雨により住民に避難などを呼び掛ける際、市町村や気象台は切迫度合いを5段階に分類した「大雨・洪水警戒レベル」を発表しています。台風や前線の接近で土砂崩れや浸水といった災害が増える季節、各段階でどのような行動を取るべきか、改めてまとめました。
(編集局コンテンツセンター・藤沢和久)

レベル5になる前に

 危険な場所にいる人が避難する必要があるのは、レベル3から5です。各市町村が「レベル4、避難指示」というように発令します。数字が大きいほど緊急度が高く、レベル4以上では全ての人の避難が求められます。

 レベル4はこれまで「避難指示」と「避難勧告」に分かれていました。5月に施行された改正災害対策基本法で両者が一本化され、警戒レベルの指針にも反映されました。

 レベル3「高齢者等避難」の対象は、高齢者に限りません。障害のある人、子ども連れなど避難に時間がかかる人は安全な場所に移動を始めましょう。

 最大のレベル5「緊急安全確保」は、災害が既に発生しているか、発生していてもおかしくありません。災害の発生を市町村が把握できず、発令されない場合があるため、この段階を待つのは非常に危険です。

 レベル1、2は、気象庁が「早期注意情報」「大雨、洪水、高潮注意報」などとして発表します。状況によっては市町村が避難所が開設し、自主避難を呼び掛けることもあります。

 洪水や土砂災害の危険度は、市町村のハザードマップで確認できます。土砂災害警戒区域と洪水浸水想定区域が色分けされ、避難所が記されています。

 東北6県でレベル3以上の避難情報が出された場合、河北新報オンラインニュースのトップページ(https://kahoku.news/)に掲載します。自治体や報道機関の情報を参考に、避難が必要かどうか判断してください。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る