「モネ」ロケ地紹介冊子を無料配布 登米市、市外在住者向けに

市外在住者へ無料配布される登米市制作の冊子

 NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」の舞台となっている宮城県登米市は、ドラマのロケ地や郷土食などを紹介した冊子を市外在住者に無料配布している。新型コロナウイルス禍で帰省や観光が制限されている中、市担当者は「モネのいる風景を冊子で感じてほしい」と話す。

 配布しているのは、市が制作した「おかえりモネ×登米市」観光版と子ども版、NHKウイークリーステラ特別編集版「登米市紀行」の3冊。

 観光版は主なロケ地や観光コース、グルメを、子ども版は森林の役割や森林組合の仕事などをイラストや写真を使ってそれぞれ16ページにわたり紹介している。ステラ特別版はカラー8ページにドラマのストーリーや登米市の観光名所などが載っている。

 市観光シティプロモーション課の担当者は「冊子を読んで、コロナ禍が収まったらぜひ登米市に来てほしい」と呼び掛ける。

 申し込み方法は市観光シティプロモーション課まで住所、氏名、年齢、電話番号を電子メールか電話で連絡する。子ども版は高校生が対象で各誌1人1冊ずつ。市外在住者は送料無料。市内在住者は市役所や市内観光施設で配布している。

 連絡先は同課0220(23)7331。メールアドレスはkanko-pro@city.tome.miyagi.jp

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る