五輪で人気復活、サーフィン活気 気仙沼・小泉海岸には新規組も

 東京五輪サーフィン男子で五十嵐カノア選手(23)が銀メダル、女子で都筑有夢路(あむろ)選手(20)が銅メダルを獲得し、「東北のサーフィンの聖地」とも称される宮城県気仙沼市本吉町の小泉海岸も活気に沸く。新規サーファーが増えており、関係者は「東日本大震災後に途切れかけた地元サーフィン文化の再興を」と意…

残り 631文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ