仙台は酒の提供停止へ 宮城に「まん延防止重点措置」再適用

まん延防止等重点措置の再適用の見通しを受け、取材に応じる村井知事

 政府が新型コロナウイルスの緊急事態宣言に準じた「まん延防止等重点措置」を宮城県に適用する方針を固めたことを受け、村井嘉浩知事は17日、報道機関の取材に「このまま行くと感染爆発が止まらない。全国的にも感染者が激増しており、ここで止めなければならない」と危機感を表明しました。

 対象地域は感染の再拡大で病床が逼迫(ひっぱく)する仙台市で、期間は20日から9月12日まで。

 17日夜に正式決定され、仙台市内は感染対策を徹底する認証店を含めて午後8時までの営業時間短縮と、酒類の全面提供停止になる見通しです。仙台市外も午後7時までの酒類提供、午後8時までの営業への協力を求めます。

 県への重点措置の適用は4月5日~5月11日以来2回目です。

まん延防止等重点措置が再び適用される見通しとなったことを受け、取材に応じる村井知事=17日午後4時50分ごろ、宮城県庁
河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る