戦国時代の書状、伊達政宗直筆と確認 勢力拡大期の高揚感伝わる

 宮城県大郷町の民家で保管されていた戦国時代の書状が今月、仙台市博物館により、仙台藩祖伊達政宗(1567~1636年)直筆のものと確認された。政宗が20代のころ、現在の会津地方を拠点に勢力を広げていた時に書いたといい、当時の政宗の揚々とした様子が伝わる。

 市博物館によると、書状は1枚で、1589(天…

残り 594文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集