子どものワクチン接種、メリットとリスクは? 小児科医に聞く

宮城県でも12歳以上へのワクチン接種券の送付が始まった(写真はイメージです)

 新型コロナウイルスワクチンの接種が急ピッチで進む。仙台市では8月23日から12歳以上の全年代で個別、集団接種の予約が可能になる。発育途上の10代の子どもに接種を受けさせていいのか、不安に感じる保護者も少なくないだろう。メリットや副反応のリスクを、小児の感染症が専門の仙台市医師会理事、川村和久医師に聞いた。
(編集局コンテンツセンター・佐藤琢磨)

「子どもは感染しにくい」デルタ株が覆す

 ―健康な子どもに接種は必要なのでしょうか。

 「まず断っておきたいのは、子どもを感染から守るには親世代である20~40代にワクチン接種が広がることが大事だということ。子どもの感染は家庭内からが大半。打っていない親世代はできるだけ早く接種してほしい」

 ―若い世代は重症化しにくいとされてきました。

 「確かにこれまで子どもは感染しにくく、重症化はまれだった。しかし、今主流のデルタ株は感染力がとても強く、米国では小児の感染が急増している。仙台市は8月2日の週で患者総数に占める20歳以下の割合が21・3%と増加傾向だ。10歳未満の感染も減らない。子どもは感染しにくく重症化しないという認識は改めなくてはならない」

 「ワクチンを接種していてもウイルスに感染することはある。しかし、高い確率で発症せず、発症しても重症化を防ぐ。ワクチンが原因とみられる心筋炎など非常にまれな疾患もあるが、ほとんどは軽症で済む。日本小児科学会は、学校や部活動など日常生活を取り戻すためにも12歳以上の子どもへの接種は意義があると考えている。私も同じ考えだ」

 ―ネットを中心に「ワクチンで不妊になる」など不確実な情報が出回っている。

 「人間は不安を拾い上げる傾向がある。ネットの情報は玉石混交でネガティブな情報も多い。ワクチンへの不安から不確実な悪い面が強調され、現在分かっている良い面が見過ごされがちだ。10代の子どもは判断能力が成長途上にある。親が正しい情報を見極めて接種のメリットを丁寧に説明することが大切だろう」

宮城県内10代以下の感染者数と占有率(12~19日)

デメリットよりもはるかに大きいメリット

 ―副反応などの長期的なデータがないことも不安の一因になっている。

 「コロナワクチンは短期間に実用化された。確かにデータは少なく、これから分かることもあるかもしれない。感染予防効果の有無もその一つだろう。将来のことは誰にも断言できない。ただ、従来のワクチンも接種開始の時点では長期的な副反応は未知のものだったし、これまで生命に関わる副反応はほとんど出ていない。今、ワクチンで防げる病気があり、接種できる環境があるのに接種しないのはもったいない」

 ―子どもや若者にどう伝えるのがいいか。

 「新型コロナは軽症でも38度以上の熱、中等症になれば100メートルを何本も走った直後のような息苦しさが続く。まれだが、回復後に後遺症が出る可能性もある。ワクチンの副反応として高熱や倦怠(けんたい)感、頭痛、接種部位の腫れや痛みが出る場合があるが、数日で治まる。現時点で、接種のメリットは副反応のデメリットよりはるかに大きい」

 「感染や発症する人が少なくなれば医療現場の負担は減り、必要な治療を迅速に提供することができる。大切な家族や友達、恋人をコロナウイルスから守ることにもつながると伝えたい」

 ―親と子ども双方がメリットとデメリットを理解しないといけない。

 「健康な子どもの体にワクチンという異物を入れることはとても重い判断で、迷うのは仕方がない。まずは親世代がワクチンを打つのが第一だが、子どもをコロナウイルス感染症から守るには、本人への接種が必要な状況になってきている。よく話し合い、理解した上で進めてほしい」

優しく話しかけながら子どもを診療する川村医師=8月17日、仙台市青葉区のかわむらこどもクリニック

仙台市、12歳以上に23日から予約受け付け

 仙台市の新型コロナウイルスワクチンの集団、個別接種は、基礎疾患のない12~59歳の新規予約が23日に始まる。

 集団接種はいずれも午前8時半から、ワクチン接種専用コールセンター0570(05)5670=午後7時まで=か、ウェブサイト=24時間=で予約できる。

仙台市の集団接種の予約サイト

 個別接種は医療機関ごとに受け付ける。

 市のワクチン接種推進室は「子どもへのワクチン接種は最終的に保護者の判断となるが、感染拡大を防ぐため12歳以上には接種を勧める。保護者は厚労省などの情報を参考にしてほしい」と話す。

 宮城県内の16歳以上は、県が東北大や仙台市とJR仙台駅東口に設置した大規模接種会場(仙台市宮城野区・ヨドバシカメラ仙台第2ビル)で接種できる。予約はナビダイヤル0570(003)503=午前9時~午後6時=、ウェブサイト=24時間=などで受け付ける。

宮城県の大規模接種会場の予約サイト

川村院長が勧めるコロナ情報サイト

厚生労働省コロナワクチンナビ
日本小児科学会
日本産科婦人科学会
河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

秋季高校野球東北大会 勝ち上がり▶


企画特集

先頭に戻る