FAQ

<撮れたて とうほく食紀行>天日干しの梅 赤み増す/角田

 ビニールハウスに甘酸っぱい香りが広がる。陽光を浴びて日に日に赤みを増していく梅の実。宮城県角田市で梅干しの天日干し作業が最盛期を迎えている。

 市内19軒の農家が昔ながらの製法で励み、笠島地区の佐藤きい子さん(86)は誰もが認める名人だ。「皮もやわらかく、ちょうどいいあんべぇの梅干しになるんだぁ」。…

残り 191文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >

企画特集

先頭に戻る