福島のモモ・ナシ、東京パラでもPR 農協五連が組織委に贈る

橋本会長(右端)にモモとナシを贈った菅野会長(右から2人目)ら福島県農協五連幹部

 福島県農協五連が23日、東京五輪・パラリンピック組織委員会に県産のモモとナシを贈った。同県で一部開催された東京五輪ソフトボールでは、米国代表監督らが県産モモを絶賛した。農協側は24日開幕のパラリンピックでも関係者に食べてもらい、魅力が広く伝わることに期待している。

 菅野孝志県農協五連会長らが東京・晴海の組織委事務局を訪れ、橋本聖子会長にモモとナシそれぞれ150キロの目録を手渡した。橋本会長は非公開の懇談で実際に食べ「すごくおいしい。多くの皆さんに食べてほしい」と話したという。亀岡偉民復興副大臣も同席した。

 東京電力福島第1原発事故後、福島の農水産物は風評被害の払拭(ふっしょく)が大きな課題。しかし、五輪の福島開催は無観客となったほかイベントも中止され、発信の機会が失われた。

 菅野会長は取材に「(絶賛されたモモは)都内でも店頭で見掛けることが増えたと聞く。風評払拭に向け選手らによる発信は大きな力になる」と話した。

河北新報のメルマガ登録はこちら


企画特集

先頭に戻る