聖火皿、中高生が縄文の彩り 仙台のパラ集火式で使用

菊地さん(手前右)の指導を受け、聖火皿に模様を付ける参加者

 仙台市で8月に開かれる東京パラリンピック聖火リレー関連行事で使う聖火皿(台)の制作ワークショップが16日、宮城県東松島市宮戸の奥松島縄文村歴史資料館であった。

 県と市の主催で、市内に住む中高生14人が参加した。東北歴史博物館(多賀城市)元上席主任研究員の菊地逸夫さん(63)が講師を務めた。

 聖火皿は国内最大級の縄文時代の里浜貝塚が東松島市にあることから縄文土器をモチーフにし、最大直径、高さとも約50センチ。参加者は土器にひもで模様を付け、細い粘土のひもを張るなどした。後日、焼き上げて完成させる。

 矢本一中3年の佐々木真菜さん(14)は「パラリンピックに関わる貴重な体験ができてうれしい」と話した。

 聖火皿は、県が8月16日に仙台市内で開く集火式で使われる。県内9市町で採火された種火を一つに集める。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら


企画特集

先頭に戻る