【動画】青森ねぶた2年ぶり運行 無観客開催、動画を配信

青森ねぶた祭の代替事業で披露された新作ねぶた

 新型コロナウイルス感染拡大に伴い2年連続で中止となった青森ねぶた祭の代替事業が27日、青森市の青い海公園を会場に無観客で行われた。2年ぶりのお披露目となる新作の大型ねぶたに明かりがともされ、次々と出陣していく様子がライブ配信された。

 22ある運行団体のうち6月の中止決定後も制作を続けた9団体の新作と、クラウドファンディング(CF)を活用して昨年、ねぶた師14人が共同制作した「特別ねぶた」が登場。おはやしに合わせ、5分ずつ会場内を練り歩いた。

 ねぶた師で、運行団体協議会制作委員会の竹浪比呂央委員長は「ねぶたは明かりがともされて動いて本当の味が出る。お披露目できてありがたい」と話した。

 配信された動画は、来年3月まで動画投稿サイト「ユーチューブ」で視聴できる。代替事業は28日も予定されていたが、青森県内での感染者急増を受け取りやめとなった。

お披露目された新作の大型ねぶた=青森市
河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る