青空にキラキラ、七色の傘 「コロナ下に癒やしを」

カラフルな傘が浮かぶ「アンブレラスカイ」

 カラフルなビニール傘を空中に展示する催し「アンブレラスカイ」が、宮城県松島町磯崎の町文化観光交流館の中庭で開かれ、観光客らの目を楽しませている。9月30日まで。

 屋根のない中庭にテント用ロープ12本を張り、赤や青、緑といった色の傘約120本を並べてつるした。日が差せば色とりどりの影がウッドデッキの床を彩り、風が吹けば涼しげに揺れる。

 ユニークなアートを、見物客がスマートフォンで熱心に撮影していた。若生紀子施設長(59)は「新型コロナウイルスの影響でイベントなどの自粛が続く。時間や天気で雰囲気が変わる展示を見て楽しみ、癒やされてほしい」と話す。

 入場無料。開館時間は午前9時~午後5時。月曜休館。連絡先は交流館022(355)0155。

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る