宮城県警本部長に猪原氏就任 「安全、安心の面から復興に貢献したい」

猪原誠司氏

 宮城県警本部長に30日付で就任した猪原誠司氏(53)が同日、県警本部で記者会見し「東日本大震災からの復興、発展に向け、県民の安全、安心の面から貢献していきたい」と抱負を述べた。

 福岡県警本部の暴力団対策部長時代に特定危険指定暴力団工藤会(北九州市)の捜査や対策に携わった経験から「宮城県でも暴力団、組織犯罪対策に徹底して取り組んでいく」と語った。

 被災地に赴任した本部長として「被災者が報われる対策をしていきたい。(対応に当たった警察の)当時の経験や教訓を聞いて把握したい」と述べた。

 奈良県出身。東大卒。1991年に警察庁に入り、福岡県警暴力団対策部長、福井県警本部長などを経て、20年8月から警察庁長官官房審議官を務めた。警視監。

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る