バド女子鈴木、初代女王目指し躍動 単複ともに4強入り

女子シングルス(上肢障害SU5) 第1ゲームを取り、コーチと話す鈴木(右)=3日、国立代々木競技場(佐藤将史撮影)

 3日にあった東京パラリンピックのバドミントン女子シングルス(上肢障害SU5)で、鈴木亜弥子(34)=七十七銀行=が1次リーグ2連勝で準決勝進出を決めた。23歳で一度引退したが、今大会でバドミントンの初採用が決まり現役復帰。世界ランク1位で臨む集大成の大会で初代女王を目指す。

 最後はネット際にふわりとヘアピンショットを決め、2戦連続でストレート勝ちした。伊藤則子(中日新聞)と組む女子ダブルスも4強入り。2冠が視野に入る。

 2009年世界選手権、10年アジアパラ大会と目標にしてきた大会を制し、いったんラケットを置いた。東京で会社員生活を送る中、14年に東京大会でバドミントン開催が決まる。「このタイミングで目指さなかったら後悔する」。1年間考え抜いた末、現役復帰を決める。より良い練習環境を求め実業団の七十七銀に入った。

 埼玉県生まれ。右腕が肩より上がらない障害がありながら、高校3年で全日本ジュニア選手権ダブルスで準優勝した実力を持つ。「周囲が私を特別扱いせず、遠慮もしなかったからここまで強くなれた」と振り返る。

 パラバドミントンの第一人者として競技の認知度を上げるのが使命だ。競技人口はまだ少なく「いい成績を残せば、いろいろな人の目に触れる機会が増える」と信じている。

 頂点まであと二つ。「勝てば社会に与える影響が大きい。私もメダリストの仲間入りをしたい」。完全燃焼を誓った。
(剣持雄治)

河北新報のメルマガ登録はこちら


企画特集

先頭に戻る