疫病よけの信仰、脈々と今に やまぬコロナ禍、先人の心の内を探る

 新型コロナウイルスの感染拡大がやみません。医療が進歩してつい忘れがちですが、人類の歴史は感染症との闘いの繰り返しでした。身近な神社や路傍の石碑がその記憶をひっそりと伝えています。信仰の歴史をひもとくと地域の知られざる風習や、現代人とも共通する先人たちの心の内が見えてきそうです。
(生活文化部・阿曽恵…

残り 1942文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

+W 共に生きる

 「+W」のWには「We」「With」「Woman」「Work」「Worth」などの意味を込めています。暮らし、仕事、ジェンダーなど幅広い話題を取り上げ、多様な価値観が尊重される共生社会の実現を目指します。

ライブカメラ