FAQ

妊婦優先接種、仙台でスタート 対象は8000人見込む

 新型コロナウイルスワクチンの妊婦への優先接種が仙台市で始まっている。市が送付した接種券を持つ妊婦が対象。個別接種の一環で、実施する市内26カ所の産科がある医療機関には、市が米ファイザー製ワクチンを追加配分する。予約は各医療機関で受け付ける。

 青葉区の東北公済病院は7日に優先接種を開始し、同病院で出…

残り 363文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る