FAQ

<あなたに伝えたい>形見のヘラ、心の支え

 宮城県石巻市の尾形勝寿さん(76)は、東日本大震災で40年間連れ添った妻きみ子さん=不明当時(59)=の行方が分からなくなった。太平洋に面する市内の門脇町にあったラーメン店兼自宅から2人で避難しようとした際、津波に巻き込まれた。

 「いつもそばにいた妻がいないのはね…」。10年が過ぎても気持ちに区切…

残り 829文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >
3.11大震災

復興再興

あの日から

復興の歩み


企画特集

先頭に戻る