<アングル岩手>二戸・浄法寺漆 伝統 若手が支える

<絞る>顔料を混ぜてろ過すると、漆器の塗りに使う漆となる。ろ過の回数は職人が漆に応じて変えている=滴生舎
4/5

関連写真特集タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
アングル

「アングル」は、四季折々の風物詩や人々の表情、地域の伝統行事、豊かな自然などにカメラを向けて、東北の魅力を再発見します。


企画特集

先頭に戻る