陽性者の8割超が未接種 仙台市、7月以降の感染分析

 仙台市は30日、市内で7月1日以降に新型コロナウイルス感染した人のうち、83・6%がワクチン未接種だったと発表した。2回接種後、2週間が経過して陽性が判明する「ブレークスルー感染」は4・5%。未接種者の陽性率、入院率、重症化率は、ブレークスルー感染者の数十倍に上ることを明らかにし、ワクチン接種の有効性を強調した。

 市によると、7月1日~9月29日の陽性者4280人の接種状況はグラフの通り。1回接種は8・8%、2回接種後から2週間未満は1・2%だった。

 29日時点の未接種者23万9064人の陽性率は1・528%。これに対し、2回接種者58万6961人に占めるブレークスルー感染割合は0・033%で、約46倍差があると説明した。

 7月1日以降の陽性者のうち、未接種者の入院率は13・41%、2回接種・2週間経過者の入院率は0・54%で24・8倍差。同様に入院者に占める重症化の割合は未接種5・78%、2回接種・2週間経過0・14%と41・3倍の開きがあった。

 市は年代別のワクチン接種状況(29日時点)も初めて公表した。70代以上は2回目完了が90%を超え、40代も2回目が50%を上回った。20代は1回目が60%に達したが、10代では、12~14歳が1回目26・7%、2回目10・0%にとどまる。

 市の担当者は「(JR仙台駅東口の)大規模接種センターが16歳以上対象のため、15歳以下の接種機会が限られた」と要因を説明した上で、集団接種などの予約が増えているとして今後の急上昇に期待を寄せた。

 市全体の接種率は1回目75・1%、2回目61・0%となり、2回接種完了が6割に到達した。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る