<アングル宮城>仙台港沖のアカガイ漁 地元漁師 誇り胸に

<操業>朝焼けの中、漁場へと向かう第15智栄丸。仙台港の沖合6キロほどを南北に移動しながら5時間ほど操業する
5/5

関連写真特集タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
アングル

「アングル」は、四季折々の風物詩や人々の表情、地域の伝統行事、豊かな自然などにカメラを向けて、東北の魅力を再発見します。


企画特集

先頭に戻る