刈田病院民営化 七ケ宿町長「合意、ほごにしていない」

 宮城県白石市の公立刈田総合病院を運営する市、蔵王、七ケ宿の市外二町組合の資金不足解消計画で、小関幸一七ケ宿町長は7日、公設民営化を目指す内容で計画を作る1市2町の合意について、「合意はほごにしていない。(公設民営化の前提である)組合解散の議論を1市2町で進めていく」と述べた。

 小関町長は6日の1市2町の会合で「県に公設公営で計画を作れないか確認する」と疑義を呈していた。

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る