「おかえりモネ」気仙沼編に地元沸く 震災からの歩みに重なる

 NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」が最終盤の気仙沼編に入り、地元が沸いている。宮城県気仙沼市内の風景が映る機会が増え、東日本大震災からの歩みや現実にリンクする描写も多い。新型コロナウイルスの感染拡大で観光が冷え込む中、全国のファンを呼び込もうと関係者は意気込む。

来訪者の増加期待

 俳優清原果耶さん…

残り 899文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ