スイーツと癒やしの仙山交流 宮城、山形県パンフレット第2弾

仙山圏のお薦めスイーツと癒やしスポットを紹介するマップ

 宮城、山形両県が、それぞれのお薦めのスイーツや菓子などを紹介するパンフレット「スイーツと癒やしマップ」を作製した。商品は全てオンラインで購入が可能。新型コロナウイルス感染拡大によって行動が制限される中で新たな仙山交流を提案しようと、3月発行の「酒と肴(さかな)まっぷ」に続く第2弾として企画された。

 仙台市周辺と山形県村山地方で製造、販売する和洋菓子やジェラート計27店と温泉や観光施設など21カ所を写真付きで掲載。マップにそれぞれの所在地も記した。スマートフォンで読み込むQRコードもあり、それぞれのオンラインショップなどで商品を購入できる。

 主に男性向けに企画した「酒と肴まっぷ」は、配布した一部施設で品切れになる人気ぶりで、オンラインでの購入者が増えるなど一定の効果があったという。今回は感染状況が落ち着いたら気軽に足を延ばしてもらうことも想定し、主に女性向けに企画した。

 山形県の担当者は「感染対策に気を配りながら、両エリアで甘く優雅なひとときを過ごしてほしい」と呼び掛ける。約2万部を発行し、両エリアの観光案内所や公共機関、道の駅などで配布している。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る