白石城内照らす和紙あかり 市民グループ企画展

 宮城県白石市の白石城三階櫓(やぐら)(天守閣)1階で「白石和紙あかり」の企画展が開催されている。11月中旬まで。

 市民グループ「蔵富人(くらふと)」の主催。メンバー制作の和紙あかり13点やペイントアーティストさとうたけしさん(大河原町出身)の武将絵、地元のこけし工人が描いた「弥治郎こけし絵」を展示している。城内を照らす柔らかな光が印象的だ。

 白石城のスタッフは「イベントも少しずつ再開してきている。感染対策をして来場を」と話す。入館料は大人400円、小中高生200円。連絡先は白石城0224(24)3030。

白石城三階櫓で開催している「白石和紙あかり」の企画展

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る