<アングル宮城>サン・ファン号解体へ 30年 変わらぬ威容

<刻印>「四ノ右六、四ノ右七…」。船内の床板には、建造時に部材の順番を刻んだと思われる文字が鮮明に残る
5/6

関連写真特集タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
アングル

「アングル」は、四季折々の風物詩や人々の表情、地域の伝統行事、豊かな自然などにカメラを向けて、東北の魅力を再発見します。

先頭に戻る