ワクチン接種会場トイレで60代女性死亡 秋田、翌朝に発見

 秋田県由利本荘市は26日、新型コロナウイルスワクチン接種会場のトイレで、前日に1回目のワクチン接種をした市内の60代女性が亡くなっているのが見つかったと発表した。

 市によると、女性は25日午後2時ごろ、体育施設「総合防災公園ナイスアリーナ」で、米モデルナ製ワクチンを接種。15分の経過観察を終え、2回目の接種を予約した。26日午前9時35分ごろ、清掃業者がトイレの個室のドアに寄りかかり亡くなっていた女性を見つけた。由利本荘署が死因などを調べている。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る