光のページェント、12月18日から2週間 例年より200メートル短く

 仙台市の冬の風物詩「SENDAI光のページェント」実行委員会は9日、36回目となる今年の開催概要を発表した。新型コロナウイルスの影響を考慮して規模を縮小。期間は12月18~31日の14日間と昨年より11日短くし、会場となる定禅寺通(青葉区)の点灯区間も狭める。感染対策を徹底するため、点灯式などの恒…

残り 587文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ