閉じる

被災地の保護司、作業員の更生下支え がれき撤去や除染に「感謝」

 東日本大震災と東京電力福島第1原発事故の後、被災地でがれき撤去や除染作業に従事した労働者の中には、犯罪や非行行為で保護観察中の人が多く含まれていた。復興復旧に向けた貴重なマンパワーとなったが、保護司の定期面接なしに働き続けることはできない。自らも被災した保護司が各地で奮闘し、更生と社会復帰を下支え…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

3.11大震災

復興再興

あの日から

ライブカメラ