仙台みそ題材の絵本「ピッピのおみそ」 地元デザイナーが刊行

 仙台みそを題材にした絵本「ピッピのおみそ」(文芸社)を仙台市青葉区のデザイナー伊藤典博さん(41)が制作した。スズメのピッピを案内役に、地元産伝統食材の魅力を楽しく紹介する。

 A5判、16ページ。墨絵に水彩絵の具で着色し、英訳を併記した。醸造の過程は「プチプチ プクプク」「まるでおみそがうたをうたっているようです」とリズム感ある文章と絵で表現。仙台藩祖の伊達政宗がみそ醸造を推奨し、兵糧として重宝した歴史も盛り込んだ。

 伊藤さんは2019年、代表を務めるデザイン会社で、みそ・しょうゆ醸造「亀兵商店」(仙台市)の製品案内を絵本風に制作。「子どもや外国の人たちにも地場産品の魅力を伝えたい」と絵本出版を思い付いた。

 みそ蔵を案内するなど、取材に協力した亀兵商店の7代目亀田亜蘭さん(31)は「色彩鮮やかなみそ料理が印象的。仙台みそを親しみやすく描いてくれた」と完成を喜ぶ。県味噌醤油(みそしょうゆ)工業協同組合(同)も今後、絵本を小学校での出前講座などで活用する。

 伊藤さんは「童歌のような文章を心掛けた。コンパクトなので親子で繰り返し読んでほしい」と話した。

 15日刊行。1100円。連絡先は文芸社03(5369)3060。

絵本の刊行を喜ぶ制作者の伊藤さん(右)と、取材協力した亀田さん=仙台市青葉区
河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る