山形新幹線の自由席、22年春に廃止

山形新幹線

 JR東日本仙台支社は16日、山形新幹線の自由席を2022年春に廃止し、全車両を指定席にすると発表した。開始時期は3月以降とし、詳細は未定。

 年末年始やお盆といった繁忙期に自由席車両で発生していた混雑を解消するのが狙い。自由席の廃止に伴い、指定席の特急料金を区間によって100~150円値下げする。

 山形新幹線で東京-山形間を移動する場合、現在は自由席なら指定席よりも910円安く乗車できる。

 変更後の指定席の座席数は計371席。グリーン席の特急料金は最大280円値上げする。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る