FAQ

<撮れたて とうほく食紀行>いぶりがっこ 伝統の味/横手

 煙が充満した小屋内に香ばしい匂いがかすかに漂う。大根がナラの木でおこした火の煙をゆっくりと吸い込むと、茶色味を帯び、水分が抜けて縮み、軟らかくなる。

 「いぶりがっこ」発祥地とされる秋田県横手市山内地区の高橋篤子さん(70)方で、薫製作業が最盛期を迎えている。一度に約2000本の大根を縄でつるし、4…

残り 255文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >

企画特集

先頭に戻る