みそでも しょうゆでもない、芋煮に「豆乳」 減塩と野菜摂取指す

 しょうゆか、みそか。論争が起こる芋煮の味付けに、新たに豆乳が加わった。山形県が減塩と野菜摂取の啓発を目指し、食品大手「味の素」の監修を得て米沢栄養大の教授がアレンジレシピを考案した。

 コクがあるが、おわん1杯でしょうゆ味に比べて塩分は0・4グラム減り、野菜もたっぷり。レシピをまとめたチラシを県内のスーパーで配布し、インターネットでの公開も検討する。

 「従来とは違う味だが、食べて減塩への意識を高めて」と担当者。芋煮界の「第三極」を目指す。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る