FAQ

B2仙台のホルトン会長退任 コロナワクチンへの対応が理由か

 バスケットボール男子、B2仙台を運営する仙台89ERSは1日、オーナーのデービット・ホルトン氏(46)の会長職退任を正式に発表した。新型コロナウイルスワクチンの接種証明書提示で試合の参加人数制限を緩和する「ワクチン・検査パッケージ」による試合開催に、本人が難色を示したことが退任理由とみられる。

 仙…

残り 391文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

関連タグ


企画特集

先頭に戻る