足湯付き「とれいゆつばさ」でワーケーション 首都圏の87人乗車

 山形県とJR東日本は3日、山形新幹線の車内で仕事をしながら首都圏から県内を訪れてもらう「ワーケーション新幹線」を初めて実施した。新型コロナウイルスの感染拡大で需要が高まるワーケーションの誘致を目指す。

 上野発新庄行きの足湯付きリゾート車両「とれいゆつばさ」には87人が乗車。Wi-Fiが完備された車…

残り 257文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集