FAQ

「被災地の今」現地からオンライン報告 語り部、意義や課題訴え

 岩手、宮城、福島3県を中心に東日本大震災の伝承に取り組む団体・個人の連携組織3・11メモリアルネットワーク(石巻市)は11日、オンラインでネットワークメンバーらによる報告会を開いた。参加者約40人は、被災地から中継で参加した語り部の言葉に耳を傾けた。

 福島県大熊町で被災し、7歳だった次女汐凪(ゆう…

残り 464文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >
3.11大震災

復興再興

あの日から

復興の歩み


企画特集

先頭に戻る